凜として美しく

学会参加について。

11

12

第110回日本美容外科学会総会に参加し、発表をしてまいりました。
1日目は高田章好先生座長のランチョンセミナーにて発表、2日目は石川浩一先生座長のモーニングセミナーにて発表しました。また、片岡二郎先生がbFGF添加型prpに関するシンポジウムで発表なさる共同演者としても参加いたしました。
今回の2日間の学会では4演題に関して報告させていただき、かつ、全てテーマや分野が異なり最新のトピックスばかりでしたので、準備は容易ではありませんでした。
ですが、こうやって学会に参加すると、活躍されている大先輩方が自分よりもっとご多忙な中アウトプットされているのを目の当たりにしますので、身が引き締まる思いです。

SBCが業界最大手となり、かつ、トレンドが年々美容皮膚科的な低侵襲の治療へ移行してきている現状を踏まえると、SBCで健全な美容皮膚科治療を提供することは業界において大事なことと思っていますし、また同時に、これだけの症例データを持つ我々が治療の安全性や効果に関して評価しアップデートしていくことは当然の責務だと思っています。

今回登壇の機会を与えてくださった方々、日頃支えてくれている社内のチームメンバーにも心から感謝です。今後も頑張りますし、まだ私自身も若手で学ぶ身ですが、後輩の先生方の育成にも力を入れていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031