凜として美しく

ウルトラアイリフトって痛いの?ダウンタイムは?サーマクールアイと何が違うの?

FullSizeRender 124

ウルトラアイリフトで起こりうる失敗例やリスクはあるのか?痛いのか?ダウンタイムはあるのか?というご質問をよく受けます。

  • ウルトラアイリフトは、基本的にダウンタイムはほぼないです。
  • ただし、一般的なレーザー機器と同じく、痛み・赤み・腫れ・火傷・肝斑やニキビの悪化などのリスクはあります。
  • 施術中の痛みはEVOと同じような骨に響くような痛みですが、痛みを感じないお客様もいます。目頭側や目の下は痛みを感じやすいです。
  • 施術後に頭痛が数日間でる方が稀にいますが、深い層まで施術ができている証なのであまり心配なさらないでください。

ちなみに、私は自らがウルトラアイリフトを受けた際には、痛みはほぼ感じず、処置後に赤みなど全く出ませんでした。

また、サーマクールアイという、同じく機械の照射による目元のアンチエイジングが出来る治療と比較検討されるお客さまが多く、これらの違いを問われることも多いです。

  • ウルトラアイリフトとサーマクールアイでは照射の深さが異なります。
  • サーマクールアイの場合は、専用のコンタクトを装着して眼窩内(眼球の上)も施術することができます。つまり、まつげのキワまで施術が可能で、これはウルトラアイリフトでは不可能な点です。
  • したがって、目のキワの小じわを気になる方には、サーマクールアイがより適しているということになります。
  • 一方で、眼窩がくぼんでいる方(まぶたのところがコケている方)は、コケが悪化するリスクを考えて、眼窩周囲を照射するウルトラアイリフトの方が良いでしょう。
  • サーマクールアイは、1回の施術で半年ほど効果持続しますので、ウルトラアイリフトよりも通院頻度は少なくすみます。
  • サーマクールアイとウルトラアイリフトは全く別のメカニズムによる別機器なので、2者択一ではなく両方ともを組み合わせるのがベターです。

FullSizeRender 125FullSizeRender 124

こちらは、まぶたの腫れぼったさが気になっていた私が、先日サーマクールアイを自ら受けた時の写真です。麻酔の点眼薬をさしてから専用のコンタクトを挿入する(自分で入れるのではなくドクターが入れてくれます)ので、コンタクトの着脱はご心配いりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031