凜として美しく

日頃の健康習慣が美のベースでもある事を再認識しました。

Screenshot_20210923-124322_Instagram

最近つくづく思うのですが、歳を重ねるほど、見ため年齢にはその方の習慣が差をつけるように思います。20代の頃はお顔立ちが整っていれば可愛いのですが、一定の年齢過ぎると、お顔立ちだけではなく、肌や体型も美しく維持されていることが美の秘訣のように感じます。

肌に透明感があって艶がある、曲線的でメリハリある体型である…そんな女性らしさをシニア世代で維持されている方もいらっしゃるわけで、仕事柄そのような方に会う機会も多いためハッとさせられることが多々あります。肌も体型も基本的にはすぐに変化を出せるものではないので(もちろん美容医療を駆使することも可能ではありますが美容医療にも限界がありますのと、特に肌や体型についてはコツコツ継続的に習慣的に通院することが必要な場合も多いです)、長年の努力そして習慣がどんどん蓄積されて美を形成しているのだろうと思います。仕事をバリバリされていたり、お子さまがいたり、親御さんの介護があったり、きっと忙しさを言い始めたらキリがないほど忙しいだろうに。多忙を言い訳にせず、自己管理をされていることに尊敬を抱きますし、そのような歳の重ね方をしたいなと刺激ももらいます。

今年2021年はプロとして仕事の質にこだわりたく、健康管理に努め、睡眠の確保、散歩や運動の習慣、暴飲暴食しない等気をつけています。が、気づいたことは健康を意識すると肌も調子が良くなるということ。美容医療だけでなく、日頃の健康習慣が美のベースでもある事を再認識しました。本日も仕事遅くまで頑張ったけど、45分ほど運動も頑張りました。

努力は習慣になると信じて頑張っています
運動後は肌がつやつやだけど汗のせいかも
美容医療は万能ではないと認識することも大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930