凜として美しく

クールスカルプティングのダウンタイム。

Screenshot_20210828-132819_Instagram

クルスカのダウンタイムについて、今日は説明いたします。

切らない医療ダイエットであるクールスカルプティング(通称クルスカ)は、術後に一時的に赤みや内出血が出たりヒリヒリ感を覚えたりすることがあります。これは冷却のプロセスにおいて脂肪をつまむようにしながら行うために出る症状でしばらくすると消失します。こちらの写真は背中〜腰にかけてクルスカ4エリア行ったモニター様ですが、術直後このような内出血が生じていました。しっかりとしたアザです…が、これくらいの色味でも1週間ほどで消退する方が多いです。ただし、施術範囲における知覚異常のような違和感はもう少し長引く方が多く2週間ほど続くようです。勿論個人差はありますが、術後の症状に関して気になる事がある方はいつでもご相談ください。

なお、クールスカルプティングは血管や他の組織に影響を与えることなく、脂肪のみを凍結させられるということが確認されている治療ですが、ごくまれに輪郭異常や凍傷、色素沈着等が起こる可能性もあります。
なので、安全管理において、きちんと正規品を使用し、メーカーからの公式なトレーニングを受けたクリニックでの施術をおすすめいたします。

🌟クールスカルプティング
脂肪組織が他の組織よりも低温に弱いという性質を利用し、皮膚などを守りながら 脂肪だけを凍らせて除去する痩身治療です。

⚠️リスク 発赤、圧痛、痺れ、内出血などが一時的に生じることがあります。

1エリア 29,800円税込

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2024年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031