凜として美しく

IMCAS asia 2021にて肝斑のセッションで発表しました。

図3

Screenshot_20210714-154450_Instagram

Screenshot_20210714-154509_Instagram

IMCAS asia 2021の1日目は「肝斑」のセッションで発表しました。
Pr Hin Lee Henry CHANとDr Chung Jen Edward TSENGが座長を務め、私は近年新たな肝斑治療機器として話題となっているパルス発振式ニードルRF機器の肝斑への有効性と安全性について、倫理委員会の承認を経て収集した臨床データを発表しました。国際学会での発表は簡単ではありませんが、自分に足りないところを知ることができ、悔しさがまた成長の糧になると思っています。
Henry CHAN先生から私を紹介いただく際に「二回り年下」と言われましたが、若手の私にも発表の機会をくださった座長及び学会関係者に感謝するとともに、最新機器を導入することを許してくださり、かつ、多くの症例を経験できるSBCの環境にも感謝しています。未熟ながらも自身にできることを探して頑張りたいと思っています。
2日目の今日は「痩身」のセッションで発表です。

シルファーム
RFを皮膚内に照射することで、肝斑、毛穴の開き、にきび跡の凹凸、赤ら顔、ちりめんじわ、肌の全体的なくすみの改善などに効果を発揮します。
リスク:疼痛・発赤・火傷・色素沈着・ざ瘡悪化の可能性があります。
施術の価格:顔1回 25,000円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930