凜として美しく

第109回日本美容外科学会総会2日目。

図83

図84    図85

 

 

ニードルRFを用いた一部の機器が肝斑への治療効果を期待できるとして国内で導入台数を増やしています。例えば、当院で導入しているシルファームが、その一つ。今回、シルファームを用いた肝斑・赤ら顔・毛穴の治療の効果や安全性について、日本美容外科学会総会の二日目のランチョンセミナーで講演しました。マーベラス・ビューティ・ジャパン様共催。

昨年春に平均年齢35.6歳(24-51歳)の29名(女性28名、男性1名)に対してパルス発振式ニードルRF(シルファーム®、ViOL、韓国)を2週間毎に5回照射し、皮膚分析機器による定量的評価を行う前向き研究を当院で行ってました。講演ではそれらの研究結果を踏まえて文献的考察を加えて報告させていただきました。また、当グループの美容皮膚科部門では年間50を超える数の機器や薬剤のを導入検討デモを実施しており、その検討においては機器の有効性や安全性の評価に加えて、類似製品と比較した際の優位性や、新規導入することでどのような顧客獲得に繋がるか等のマーケティング視点での評価も行っています。本発表では、我々がマーケティング視点でシルファームをどのように活用しているかも説明しました。

小難しいことは略します。講演内容を簡単にまとめると、シルファームは医学的には守りの治療をしたいのに攻めの治療を希望する患者様に提案するとドンピシャな治療です。我々医療者にとっても患者様にとっても痒いところに手がとどくような存在の治療です。私は絶大なる信頼を置いています。お客様満足度も高く、ご紹介率も高い。私の芸能関係のお客様(美意識が極めて高く効果を強く求めるが、肌トラブルや合併症を許されない方々😅)にも安心して提供している治療です。

今回は私の出身校である横浜市立大学医学部の大先輩の黄先生とランチョンセミナーご一緒させていただきました。事前にクリニックにご挨拶にも伺っておりましたが、その際に高先生のシルファーム含むカスタマイズ治療の極意を教えていただき、それを踏まえての講演もできましたので大変有難かったです。

ちなみに、右の写真は、美容皮膚科業界のレジェンドである古山登隆先生に学会朝お声かけいただきまして、気にかけてくださった事に光栄すぎて記念の一枚です☺️

シルファーム
RFを皮膚内に照射することで、肝斑、毛穴の開き、にきび跡の凹凸、赤ら顔、ちりめんじわ、肌の全体的なくすみの改善などに効果を発揮します。
リスク:疼痛・発赤・火傷・色素沈着・ざ瘡悪化の可能性があります。
施術の価格:25,000円~138,000円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031