凜として美しく

症例の紹介。ボトックス後は自然な笑顔に整います。

図7

「ボトックスで笑えなくなるのでは?」と思っている方へ。こちらのボトックス症例を紹介します。ボトックス注入後の方が、笑顔が自然で美しく整っていますよね😊
ボトックスの注入治療はセンスが重要です。
どこに、どのように、どれくらい何を注入するか。それには、知識・経験・センスが必要です。
こちらのモニター様は、元々、微笑んだ時に顎の形がいびつに凹んでおり左右差もありますよね。微笑んでいるはずなのに不機嫌そうに見えます。
これは、オトガイ筋という顎の筋肉の過緊張によるものです。実は、加齢とともに下顎骨が痩せてくるので、たいていのミドルシニア世代はオトガイ筋の過緊張があり、顎ボトックスの適応があります。
今回も自然な美しい笑顔になっていただくために、顎の筋肉へボトックス注入を行いました。ボトックスを打ちすぎても顎がシャクレた感じになるし、打たなすぎても効果が不十分になったり左右差が残ります。注射の微調整に自信があるからこその仕上がりです😊

【ボトックス(アラガン)】神経からアセチルコリンが出るのを抑え、筋肉の過剰な動きをやわらげることにより、しわを軽減します。

リスク:注入部分に術後数日間内出血を生じることがあります。注入技術によって稀に表情に違和感を生じさせることがありますので、ぜひ注入治療の経験豊富なクリニックやドクターにご相談ください。

価格:8,000円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2020年12月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031