凜として美しく

鼻ヒアルロン酸注入への注意喚起。

スクリーンショット 2019-10-18 14.47.03

先日の居川先生と海外ドクターたちとお食事会の時に感じたのが、アジア圏では鼻へのヒアルロン酸注入の需要が高いということ。
中国やマレーシアのドクターは、鼻へのヒアルロン酸注入が美容皮膚科のゲートであるとも言ってました。
ただ、私含め当グループでは鼻への注入治療は非常に限定した使い方で慎重に対応させていただいています。
まず第一に、仕上がりという点において、ヒアルロン酸の注入量や製剤の選択によってアバター鼻といわれる不自然な仕上がりになってしまうため。また、鼻は注入方法によっては血流障害という重篤な合併症を起こすリスクが高いため。よって、私どものクリニックでは、注入治療の適応を慎重に見極め、解剖学的にトラブルを起こす確率が高い部位やヒアルロン酸が流れやすい部位には注入をしないようにルール化しています。
鼻筋を細くしたい、鼻先を出したい、鼻の高さを大きく変えたい、という方でヒアルロン酸を検討されているお客様は、ヒアルロン酸では叶えて差し上げられないことも少なくないので外科的治療も合わせてご検討いただくこともございます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031