凜として美しく

バンコクで解剖学研修に参加しました。

Bangkok

注入治療における解剖学の知識を整理するため、そして今後のドクターへの皮膚科教育プログラムを検討するために、居川和広先生と太田草子先生とともにバンコクで解剖学研修に参加しました。
解剖研修は今まで何度か参加しているのですが、今回私が参加を即決したのが講師名を聞いて。
フィラー治療の権威Patrick Trevidic 先生がフランスからいらして直接ご講義くださるということと、私が度々インスタグラムのストーリー愛読書として紹介していた「Clinical anatomy of the face for filler and botulinum toxin」という教科書の著者のProf. Heejin Kim も解剖の講師をしてくださるという素晴らしさ😊
実はKim先生の解剖研修は3年ほど前に参加したことあるのですが、あれから更にヒアルロン酸症例を経験した今、Kim先生の緻密なデータに基づくお話をまた伺いたいと思っていました。(彼の教科書は何度も読みすぎて、どこにでも持ち歩いていたので、汚くなって今年新しくもう一冊買いました。)
今回学んだこともまた、実診療だけでなくグループ内へ教育ツールとしてシェアします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930