凜として美しく

ピコトーニング症例紹介。

スクリーンショット 2019-02-01 14.35.58

シミ・そばかす・肝斑が混在したお肌。レーザートーニングや外用薬など試してもなかなか良い結果が得られなかったお客様に今回ご提案したのはピコトーニング 。シミ肝斑用の内服薬も使用していただきながらおよそ月2ペースで計10回ピコトーニングを受けていただきました。リスクやダウンタイムを考慮して、スポットでのシミとりレーザーは行なっていません。
シミ・そばかすが薄くなっただけでなく頬骨あたりの肝斑・くすみが薄くなり全体的にも肌の色調が明るく整っています。また、肌にハリが出て、小ジワや毛穴も目立ちにくくなっているようです。
施術前後比較して、どちらも「すっぴん」と信じられますか?😊(はい、「すっぴん」です。)
従来のレーザートーニングによる治療での効果に物足りなかった方、シミ肝斑治療だけでなく肌のハリをだして毛穴や小ジワと行った肌質の改善も目指したい方、肝斑治療に悩んでいる方にご好評いただいています。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930