凜として美しく

SnapCrab_NoName_2018-10-19_11-0-43_No-00

最近私がすこし肌荒れしていたのは、とあるQスイッチNd:YAGレーザーの機器を当グループに導入するかテストのために頻繁に治療を受けすぎたためです。このタイプの機器はレーザートーニングによく使用されており、当院でもすでに何種類かの機器を保有していますがいずれもレーザートーニングの治療では肌色が明るくなるだけでなく肌のキメが整い毛穴も引き締まるので私はわりと好きです。

が、何事もやり過ぎは禁物ですね。
機械の出力設定と痛みの相関をみたくてレーザーを何度も自分の顔にあててもらいすぎました。反省。
こんなときは家でのスキンケア(メタトロン のコントアBクリーム が大活躍です)をするほかないです。そして応急処置にベビースキン も受け、だいぶ回復してまいりました😊困ったときはとりあえずベビースキンです。
.
さて、「しみ」「くすみ」「美白」のご相談では、肝斑が原因のことが多いです。肝斑のある方、あるいは肝斑の疑われる方に対して使えるレーザー機器は限られていますが、スペクトラ・メドライトC6によるレーザートーニング は肝斑に対しても安全に、かつ、効果的に治療を行うことができます。

また、肝斑治療に限らず、肌全体のくすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡の色素沈着、雀斑(そばかす)、老人性色素斑(しみ)に対する治療としても、レーザートーニングは大人気です。

治療は一回で完結せず定期的に通っていただく必要がありますが、内服薬やエレクトロポレーション等との併用で一回毎の治療効果を高めることもできます。
内服薬を使用しながら適切な治療間隔で通院いただければとても良いレーザー治療です😊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30