凜として美しく

湘南美容外科

13

パリでの研修。

今回のIMCASには、SBC幹部ドクター皆で「研修」という形で参加させていただきました。幹部ドクター同士で濃厚な数日を過ごせたこと、パリで様々な素晴らしい経験をさせていただけたこと、国際学会という場で広い視野を学ばせていただけたことに、研修を提案くださった相川代表に心から感謝しています。こんな充実し…

14

帰国します。

PCR検査陰性確認し、無事に帰路についています。学会で不在の日が多かったので帰国次第、診療やクリニック業務に戻ります😊…

16

I lectured in body contouring treatment in IMCAS.

SBC medical group is one of the largest cosmetic medicine clinic groups. We currently have 116 facilities in Japan, more than 400 doctors, and more …

18

IPLによるアクネ治療のアップデートについて講演させていただきました。

日本美容外科学会総会2日目は、朝の7時台からスタート。モーニングセミナーにて30分時間を頂戴し、IPLによるアクネ治療のアップデートについて講演させていただきました。 当院では、stellar M22という機器を用いてアクネライトというメニュー名でニキビやニキビ跡の赤みへアプローチする治療を行…

19

貴重な機会を頂きました。

第110回日本美容外科学会 会頭の田中亜希子先生を囲んでのお写真です。 今年の学会プログラムをみると女性ドクターの演者が例年より多く、女性のパワーを感じる会だったと思います。会頭の田中亜希子先生はじめ、聡明で洗練された先輩方をみると素敵だなと憧れるとともに、自分はまだまだ未熟だなと思うばかりです。…

20

LCEセベリアバームについての発表をしました。

日本美容外科学会総会1日目の演題2つ目はラミニン5活性作用のあるcebelineという成分に着目して開発されたLCEバームについて。美容皮膚科医にとって、治療の効果を最大化させるかということに加えて、治療のダウンタイムを最小化させる努力も必要です。術後の赤み・腫れ・内出血を防ぎ、かつ、その回復も早め…

13

新メニュー「女優注射」。

先日の日本美容外科学会総会で発表させていただいた「ポリヌクレオチド製剤とボツリヌストキシン製剤の併用療法によるスキンリジュビネーション効果の検討」という演題は、6月1日より女優注射というメニュー名で新しく始まる治療に関してでした。女優注射は、リジュランi(ポリヌクレオチド製剤)とボトックス(ボツ…

11

学会参加について。

第110回日本美容外科学会総会に参加し、発表をしてまいりました。 1日目は高田章好先生座長のランチョンセミナーにて発表、2日目は石川浩一先生座長のモーニングセミナーにて発表しました。また、片岡二郎先生がbFGF添加型prpに関するシンポジウムで発表なさる共同演者としても参加いたしました。 今…

10

美容医療について。

ボトックスはゆるく効かせて、目元柔らかく表情あるくらいが私は好みです。思いきり笑うとシワはでますが、まぁ、それくらい愛嬌です。 美容医療とは腹八分目くらいの付き合い方が綺麗への実は近道だ、と私は思っています。 人間関係もそうですが、相手に完璧を求めない。 自己肯定感は高く持つ。 過ぎたる…

09

症例の紹介。ヒアルロン酸、ボトックス注入。

こちら、2021年度に入職した社内ドクター向けの研修講師を務めた際のライブインジェクションの症例です。 ヒアルやボトックスをたくさん注入して変化を出せるのは当たり前、2021年度入職の美容ドクター2年目ともなると、最小限の治療で最大限美しくなれるプランニングをできるか、が大事な能力です。 こちら…

美容に関するご相談は


湘南美容外科・美容皮膚科に関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。 湘南美容外科ウェブサイト

Instagram
西川礼華が専務理事を務める女性支援NGO「ガールパワー」公式サイト。